2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008'09.04 (Thu)

捨てれた

今朝、お世話になったしげっちの会社の方から
あげはに届きました。
あげはの初旅行に誘っていただき、一緒にラハイナへ行ったんですよね~。
素敵な想い出です。
ありがとうございました


さて、
あげはが息を引き取る数時間前
ご飯をあげることができ
お腹いっぱいにまではしてあげられなかったけれど、
『お腹を満たしてあげれて良かったね』
としげっちが言ってくれた。
(今となれば、ご飯をあげた事が良かったのかも判らない・・・)

そのチューブも、すぐに洗っておけばよかったものを
そのまま置いてたもんだから、
あげはが口を付けたモノだ・・・と捨てられず

けど、あげはにとってチューブでのご飯はとても嫌なものだったので
コレは置いててはいけないな、と
今日のごみの日にポイしました

プールも綺麗に洗って、旅立ちの朝
片付けました。
きっと、いつまでも片付けられないと思ったし・・・。

まだ、こまごまとしたあげは用品はあるけれど
ココにしまう。
と、準備もできています。

自分でも驚くほど、物の片付け、心の片付けができてます。
いつまでもウジウジしないように
あげはがそうさせてくれているのでしょう。

【More・・・】

ところであげはは
さんだ動物霊園で火葬してもらい、お骨は自宅に持って帰ってきてますが
家から近い霊園に宝塚動物霊園もあり、
どちらにするか、考えたんですよね。
でも、後者の方はちょっと商売って感じを受けてしまって
前者に決めました。
ココはnannanの凡さんも先に訪れたところ。

今朝、WEBニュースで
兵庫県宝塚市の「宝塚動物霊園」で、共同埋葬するために火葬したイヌやネコなどの動物の骨の一部が土(ど)嚢(のう)袋に収容されたまま、埋葬できない状態に陥っていることが3日、分かった。共同墓地の収容量が飽和状態になったためで、保管されている遺骨の詰まった土嚢袋は1000袋近くに上っている。運営会社は新たな共同墓地を設置する方針だが、利用者からは「埋葬してくれていると信じていたのに…」との憤りの声も上がっている。

 運営会社によると、共同墓地は、建屋底部に納骨スペースを設置し、火葬された骨を埋葬する仕組みで、埋葬料は1体約5000円。共同火葬したペットの骨などを納骨している。1日平均9体の骨を埋葬しているが、納骨スペースが飽和状態となっており、現在は骨の一部を共同墓地の納骨スペースに埋葬し、残りを土嚢袋に詰めて保管しているという。

 霊園は経営者がたびたび変わっているが、これまでの経営者が共同墓地の増設などの対応を取っておらず、骨の一部だけを共同墓地に納骨する対応は、現在の運営会社が経営を引き継いだ平成15年1月以前からあったという。今の運営会社は「今は袋に入れているが、これが良いとは考えていない。今年中に新しい共同墓地をつくり、そこに埋葬したい」としている。


とあり、
やはり霊園もきちんと選ばなくてはなぁ~と思いました。
スポンサーサイト
13:11  |  あげは  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。